メールアドレス登録で豪華プレゼントGET!

神宮第二球場ラストゲーム

2019.11.03

神宮第二球場で秋季高校野球東京大会の準々決勝、帝京対日大三の試合がありました。

神宮第二球場でのラストゲーム、そして東京の高校野球を引っ張ってきた、帝京と日大三の黄金カードという事もあり、徹夜組を含め開門前の朝から長蛇の列ができました。

今まで長きに渡って、しのぎを削ってきた東西の両雄が神宮第二球場のラストゲームで激突するのは野球の神様が用意したシナリオなんでしょうね。

帝京対日大三の試合は第二試合。第一試合が終わると帝京の選手が外野でアップを始めました。

今年の帝京は攻撃力もあり、投手力もあり、バランスとの取れた非常にレベルの高い好チームです。

帝京の前田監督、日大三の小倉監督共に甲子園で優勝を経験された言わずと知れた高校野球界の名将です。試合前に大会関係者とグランド内で談笑をされてました。

試合前のシートノックです。帝京高校の前田監督は70歳を過ぎているのに、ノックの技術は未だ衰えずに鋭い打球のノックを右へ左へ打ち続けてました。

両校シートノックを終え、スタティングメンバーも発表されました。神宮第二球場のスコアボードは全て手書きです。昭和の香りが色濃く残る球場と言えます。

さぁ~いよいよプレイボールと思ったら・・・両校が観客席を見る感じで整列しました。

そしてホームベース付近にマイクが置かれました。何が始まるのかな?と思っていたら、今日の試合で神宮第二球場で行われる高校野球は最後なので全日程終了の式典として大会本部関係者の挨拶がありました。

挨拶が終わり選手、監督がベンチ前に。今度はホームベースを見る感じで再度整列しました。

そして両校選手がホームベースに。

先攻は帝京です。日大三の投手も良いです。

帝京も左腕でこちらも良い立ち上がりです。

試合は序盤は息詰まる投手戦でした。イニング毎の円陣で前田監督が激を飛ばしてました。

息詰まる投手戦を観ながら私は神宮第二球場の名物のお弁当、ホームラン弁当をいただきました。

中は豪華な幕の内弁当みたいな感じです。

そろそろ帝京に先制点がほしいと思った時に日大三が先制しました(汗)

しかし・・・今年の帝京はやはり強いです。その裏にすかさず逆転に成功しました!

あっという間の逆転でした。取られた後に直ぐ取り返す。これが今年の帝京の強さなんでしょうね。

毎年そうですが帝京の選手は高校生とは思えない体格をしています。

応援席も盛り上がっていました。

二番目に投げた投手も非常に良く日大三を抑え込んで帝京が勝利!

私は帝京のファンなので帝京を応援していましたが日大三も素晴らしいチームでした。

神宮第二球場のフィナーレにふさわしい最高のゲームといえる試合だったと言えます。そしてこの整列を最後に、神宮第二球場は高校野球としては58年の歴史に幕を閉じました。本当はもっともっとこの球場を残して今後も数々のドラマを生んでほしいと思いますが時代の流れもあるから仕方ないですよね。

それと試合以外で感動した事がありました。それは試合終了の整列後に日大三の小倉監督が帝京の前田監督の下に出向き握手をした事です。この試合の数日前、インターネットの記事で、小倉監督は「前田さんに痛めつけられ鍛えられ、その前田さんの帝京を破って甲子園に行き成長させてもらった。前田さんと最後の神宮第2で試合ができる。そういう星の下に生まれたのかなと思いますね。」と言ってるのを読みました。そういう思いから前田監督の下へ行き握手をしたのでしょう。小倉監督、素晴らしい教育者で人格者だと思いました。

神宮第二球場は、一帯の再開発のため、東京オリンピック、パラリンピックの後に取り壊され、跡地には秩父宮ラグビー場が移転する予定になっているそうです。

最後になりますが後2回勝って帝京が優勝し選抜出場を確定させると思います。

関連記事

コメントは利用できません。

銀行口座残高

→詳しくはこちら

先月の銀行入金

→詳しくはこちら

先月のクレジットの決済

→詳細はこちら

先月のペイパルの決済

→詳細はこちら

自己紹介

はじめまして。高校野球の強豪、仙台育英出身の高校野球が大好きなアフィリエイター、ksこと鈴木賢治です。

私は、アフィリエイトは9年前に始め、開始して初月から利益を上げ、気付くと1年目から年商は1億円を突破していました。アフィリエイトは利益率が非常に高いビジネスモデルなので、年商=ほぼ利益です。

アフィリエイトを始めて既に9年目になりますが、過去9年間で1度も年間の年商が1億円を切った事は一度もありません。

そんな私は、現在、東京は新宿の西新宿にあるタワーマンションの最上階、44階に住み、お金と時間に制限などは一切なく、美味しいものを食べたい時に食べ、旅行に行きたい時は行きたい所に旅行し、趣味の高校野球観戦も平日、休日問わずに自分が観戦したいと思った時に観戦するという生活を送っています。

また当然、組織や場所にも一切、捉われていません。(株式会社は持っていますが、事務員1名で、オフィスも自宅の向かいなので、ドアツードア3分です。)

本当に一切、何からの縛りもなく、制限されるという事もない自由奔放な楽しい人生を送る事ができています。

お金は使っても使っても減らず、しかも現在は収入の自動化を確立させたので、毎月毎月、ほぼ自動で増え続けています。起きたい時に起きて、寝たい時に寝て、遊びたい時に遊んでもお金は、ほぼ自動で増え続けています。

メールフォーム

※メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。本気で稼ぎたい方にはサポートさせて頂きます。